Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition
VarType 関数
 ランゲージ リファレンス  

 
関連項目
変数の内部処理形式を表す値を返します。

構文

VarType(varname)

引数 varname には、任意の変数を指定します。

戻り値

定数 変数の型
vbEmpty 0 Empty (未初期化)
vbNull 1 Null (無効な値)
vbInteger 2 整数型 (Integer)
vbLong 3 長整数型 (Long)
vbSingle 4 単精度浮動小数点数型 (Single)
vbDouble 5 倍精度浮動小数点数型 (Double)
vbCurrency 6 通貨型 (Currency)
vbDate 7 日付型 (Date)
vbString 8 文字列型 (String)
vbObject 9 オートメーション オブジェクト
vbError 10 エラー値 (Error)
vbBoolean 11 ブール型 (Boolean)
vbVariant 12 バリアント型 (Variant) (バリアント型配列にのみ使用)
vbDataObject 13 非オートメーション オブジェクト
vbByte 17 バイト型 (Byte)
vbArray 8192 配列 (Array)


メモ  これらの定数は、VBScript で指定されています。定数は、実際の値の代わりにコード内のどの部分でも使うことができます。

解説

VarType 関数は、配列を表す値 (8192) を単独では返しません。この値は常にデータ型を表す他の値と加算されて返され、指定した変数がそのデータ型の要素を持つ配列であることを示します。 バリアントを表す値 (12) は、VarType 関数の引数に配列を表す値が加算されたときのみに返されます。 たとえば、整数型の要素を持つ配列を指定したときは、整数型 (2) + 配列 (8192) として計算された値 8194 が返されます。 オブジェクトが既定プロパティを持つとき、VarType (object) はその既定プロパティの型を返します。


© 1997 Microsoft Corporation.