Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition
Is 演算子
 ランゲージ リファレンス  

関連項目


2 つのオブジェクト変数を比較します。

構文
result = object1 Is object2

Is 演算子の構文は、次の指定項目から構成されます。

指定項目 内容
result 任意の数値変数を指定します。
object1 任意のオブジェクト変数を指定します。
object2 任意のオブジェクト変数を指定します。

解説
引数 object1object2 に指定した変数が、どちらも同じオブジェクトを参照しているときは、演算結果 result は真 (True) になります。別のオブジェクトを参照しているときは、演算結果 result は偽 (False) になります。2 つの変数が同じオブジェクトを参照させるには、いくつかの方法があります。

次の例では、変数 A は変数 B と同じオブジェクトを参照するようになります。


Set A = B
次の例では、変数 A と変数 B は変数 C と同じオブジェクトを参照するようになります。


Set A = C
Set B = C

© 1997 Microsoft Corporation.