Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition
Not 演算子
 ランゲージ リファレンス  

 
関連項目
式の論理否定を求めます。

構文
result = Not expression

Not 演算子の構文は、次の指定項目から構成されます。

指定項目 内容
result 任意の数値変数を指定します。
expression 任意のを指定します。

解説
expression の値と演算結果 result の値の対応を次の表に示します。

expression result
True False
False True
Null Null

Not 演算子は、変数に対してビット単位の反転も行います。次に示す真理値表に従って、演算結果 result の対応するビットがセットされます。

expression result
0 1
1 0


© 1997 Microsoft Corporation.