Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition
Call ステートメント
 ランゲージ リファレンス  


Sub プロシージャおよび Function プロシージャに制御を渡すフロー制御ステートメントです。

構文
[Call] name [argumentlist]

Call ステートメントの構文は、次の指定項目から構成されます。

指定項目 内容
Call 省略可能なキーワードです。指定する場合は、次に示すように引数リスト (argumentlist) をかっこで囲む必要があります。

Call MyProc(0)

name 呼び出すプロシージャの名前を指定します。
argumentlist プロシージャに引き渡す変数リスト、配列、または式のいずれかを指定します。複数指定するときは、カンマ (,) で区切ります。 引数リスト argumentlist の各引数の前には、キーワード ByVal を指定する必要があります。キーワード ByVal は引数がプロシージャに値渡しで引き渡されることを示します。引数にキーワード ByVal が指定されていない場合、プロシージャ内で引数に値を代入することができません。

解説

プロシージャを呼び出すとき、キーワード Call は省略できます。キーワード Call を使って引数を必要とするプロシージャを呼び出す場合は、引数リスト argumentlist をかっこで囲む必要があります。キーワード Call を省略するときは、引数リストを囲むかっこも省略しなければなりません。Call ステートメントの構文で組み込み関数またはユーザー定義型関数を呼び出す場合、その関数の戻り値を取得することはできません。


© 1997 Microsoft Corporation.