Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition
Dim ステートメント
 ランゲージ リファレンス  

関連項目


変数を宣言してメモリ領域を割り当てます。

構文

Dim varname[([subscripts])][, varname[([subscripts])]] . . .

Dim ステートメントの構文は、次の指定項目から構成されます。

指定項目 内容
varname 定義する変数の名前を指定します。変数の標準的な名前付け規則に従って名前を付けます。
subscripts 配列変数の次元を指定します。指定できる次元数の最大値は 60 です。引数 subscripts の構文は次のとおりです。

upperbound [,upperbound] . . .

配列の最小値は、常に 0 です。

解説
Dim ステートメントを使ってスクリプト レベルで宣言した変数は、宣言したスクリプト内のすべてのプロシージャから参照できます。 プロシージャ レベルで宣言した変数は、宣言したプロシージャ内でのみ参照できます。

Dim ステートメントを空のかっこと組み合わせて使うと、動的配列を宣言することができます。宣言した動的配列の次元と要素の数をプロシージャ内で定義するには、ReDim ステートメントを使います。 ただし、Dim ステートメントで明示的にサイズを指定した配列変数の次元を再び宣言しようとすると、エラーが発生します。

変数の初期化時には、数値変数は 0 に、文字列は長さ 0 の文字列 ("") に初期化されます。


ヒント プロシージャ内に Dim ステートメントを記述する場合は、プロシージャの先頭に記述した方がコードが読みやすくなります。


© 1997 Microsoft Corporation.