Microsoft® Visual Basic® Scripting Edition
InputBox 関数
 ランゲージ リファレンス  

関連項目


ダイアログ ボックスにメッセージとテキスト ボックスを表示し、テキストが入力されるか、またはボタンがクリックされると、テキスト ボックスの内容を返します。

構文

InputBox(prompt[, title][, default][, xpos][, ypos][, helpfile, context])

InputBox 関数の構文は、次の指定項目から構成されます。

指定項目 内容
prompt ダイアログ ボックス内にメッセージとして表示する文字列を示す文字列式を指定します。引数 prompt に指定できる最大文字数は、1 バイト文字で約 1,024 文字です。ただし、使う文字の文字幅に依存します。引数 prompt に複数行を指定する場合は、キャリッジ リターン (Chr(13))、ライン フィード (Chr(10))、またはキャリッジ リターンとライン フィードの組み合わせ (Chr(13) & Chr(10)) を改行する位置に挿入し、行を区切ってください。
title ダイアログ ボックスのタイトル バーに表示する文字列式を指定します。引数 title を省略すると、タイトル バーにはアプリケーション名が表示されます。
default ユーザーが何も入力しない場合に、テキスト ボックスに既定値として表示する文字列式を指定します。引数 default を省略すると、テキスト ボックスには何も表示されません。
xpos 画面の左端からダイアログ ボックスの左端までの水平方向の距離を twip 単位で示す数式を指定します。引数 xpos を省略すると、ダイアログ ボックスは水平方向に対して画面の中央の位置に配置されます。
ypos 画面の上端からダイアログ ボックスの上端までの垂直方向の距離を twip 単位で示す数式を指定します。引数 ypos を省略すると、ダイアログ ボックスは垂直方向に対して画面の上端から約 1/3 の位置に配置されます。
helpfile ダイアログ ボックスに状況依存のヘルプを設定するために、使用するヘルプ ファイルの名前を示す文字列式を指定します。この引数は、表示するダイアログ ボックスの説明を、ヘルプを使って表示するときに指定します。引数 helpfile を指定した場合は、引数 context も指定する必要があります。
context ヘルプ トピックに指定したコンテキスト番号を表す数式を指定します。引数 context を指定した場合は、引数 helpfile も指定する必要があります。

解説

引数 helpfile および引数 context を指定すると、ダイアログ ボックスに自動的に [ヘルプ] ボタンが追加されます。

[OK] ボタンをクリックするか、または Enter キーを押すと、InputBox 関数はテキスト ボックスの内容を返します。[キャンセル] ボタンをクリックすると、InputBox 関数は長さ 0 の文字列 ("") を返します。


© 1997 Microsoft Corporation.